子どもがいることの怖さだってある|葉酸サプリ 口コミ

子どもがいることの怖さだってある|葉酸サプリ 口コミ
Line

子どもがいることの怖さだってある|葉酸サプリ 口コミ


子どもがいることの怖さだってある

子どもを望まない夫婦、私は良いと思います。

「子どもが欲しいのに出来ない」という方もいることを考えれば、あえて産まないという選択は贅沢かもしれません。

また、人によっては「自分の時間が一番大事なんだね」と映りそうなものです。

いずれにせよ、少なからず悪い印象を持つ人もいる、というのは逃れようのない事実であると思います。

 子どもを産む意義というのは、数えたらキリが無いでしょう。

騒がしいぐらいに家庭は明るくなり、子どもの寝顔が親として働く原動力で、「ただいま」「おかえり」を言い合える相手が家に増えるというだけでも魅力的です。

 ただ一方、色んな要因が重なって「産まない」という選択をする人も大勢いるワケです。

 例えば「子どもが理由で夫婦喧嘩になるのを避けたいから」。

「パートナーと仲が悪くなった時に、子どもが可哀想になるから」。

どちらもあるのは「平和な家庭を守りたい」という責任感です。

あとは経済的に子どもを大学に行かせる自信が無いとか、留守がちになって子どもに寂しい想いをさせたくないとか、いずれもこれからの家族の将来のことをちゃんと考えているワケです。

 人生に関わるような問題には、正解や不正解が無いと思うので、それぞれがしっかり考えぬいた上で結論したのなら、その人達にとってはそれが一番の正解なんでしょう。

だから、考えぬいた末に子どもを産まないという選択をした人には、周りがとやかく言うべきではないと私は思います。

パスワード:59185


元プロテニス選手の杉山愛さんも不妊治療を行い、流産の末に、39歳で、女優として人気の永作博美さんは不妊治療の末に二人のお子さんを出産、野口五郎さんと結婚した女優の三井ゆりさんは辛い不妊治療を続けて、男の子と女の子を出産、バスケットボール選手の北卓也さんの奥さんの久保恵子さんも不妊治療、体外受精を行い、女子を出産、元スケート選手で政治家の野田聖子さんは不妊治療を10年続けて、最終的には卵子提供を受けて体外受精で50歳で出産、
Line