どの命も平等に大切ですが|葉酸サプリ 口コミ

どの命も平等に大切ですが|葉酸サプリ 口コミ
Line

どの命も平等に大切ですが|葉酸サプリ 口コミ


どの命も平等に大切ですが・・

私なら、産まないと思います。

命は大切で、どの命も平等に生きていく権利を持っているように私は思っています。

しかし、ダウン症の子供を持つリスクを考えたら、どうしても絶対に産みますとは言えないと思います。

そもそも、ダウン症は染色体の異常で起こる病気で、見た目にも特徴が出るそうです。

また、高齢出産をすることでリスクが高まるそうです。

我が家の子供にもダウン症ではないのですが、軽度の情緒障害があります。

産まれつきのもので、完治はしないそうです。

正直、子育てはかなり大変です。

他の健常者のお子さんの何倍も手がかかります。

また、私は子供の幼稚園や小学校では他の保護者の方から傷つくようなことを言われたこともあります。

子供の将来や自分たち夫婦がいなくなった後、子供はどのように生きていくのか、不安なことがいっぱいです。

子供自身も、普通の人と同じように生きていくことが幸せだと思って生きているのでしょうか。

色々考えることがいっぱいです。

ですので、もし妊娠時に子供がダウン症だと診断されたのなら、私は産まないと思います。


妊活のための休業が話題になった鈴木おさむさんの奥さんの大島美幸さん(森三中)は人工授精で妊娠、ハリウッドスターのジュリア・ロバーツさんも不妊治療で双子を出産、トム・クルーズとの結婚・離婚でも知られるニコール・キッドマンさんは不妊治療の末、41歳で出産、タイタニックの主題歌で一躍知られるようになったセリーヌ・ディオンさんは保存しておいた凍結胚による体外受精で妊娠・出産した、天然キャラとして知られる西村知美さんは不妊治療をして流産した末に自然妊娠で出産、
Line