乳幼児虐待について

乳幼児虐待について
Line

乳幼児虐待について


乳幼児虐待について

時折新聞やテレビ等で見聞きする乳幼児虐待の言葉に私は胸が締め付けられたように痛くなります。

本来私達は誰もが皆に祝福され生まれて来て、そして大切な家族の一員として迎えられるのが普通のことだと思います。

ですが、中にはそんな当たり前の愛情を受けることが出来ない子どもも、残念ながらいるっというのが現実です。

私たちはその悲しい現実にもっと耳を傾けるべきなのです。

子どもは独りで勝手に成長して大人になって行くものでは決してありません。

親の愛情を受け、また親の背中を見て育って行くものなのです。

ましてや生まれて来たばかりの子どもにとって親は無くてはならない存在であると同時に世界で一番安心と愛情を与えてくれる存在でなくてはならないのです。

時には子どもに厳しく接しなければならない場面も多々あると思いますが、それが愛情から来るものなら何の問題もないのです。

逆に間違ってもそこに身勝手な悪意があってはならないのです。


Take2の深沢邦之さんとの結婚が話題になった女優の田中美佐子さんも長期間不妊治療を行い、43歳で出産、プロレスラーの高田延彦と結婚した向井亜紀さんは代理母出産により双子を授かる、タレントの坂上みきさんは卵子提供を受けて53歳で出産、元グラビアイドルのインリンオブジョイトイさんも不妊治療を行い、三人のお子さんに恵まれる、作家の林真理子さんも不妊治療を行い、体外受精により44歳で妊娠・出産、

Line